外壁塗装・屋根塗装の足場代はいくら?足場代無料って本当?

2022年11月19日更新

高所の作業となる外壁塗装で欠かせないのが足場。

見積もりの中には必ずといっていいほど足場代が含まれます。

足場の費用は業者によって多少異なりますが、一般的な相場価格というものはあります。

 

・足場代がいくらかかるか知りたい

・足場を組まないで工事はできる?

・足場代が無料と言われたが、怪しくない?

 

この記事ではそんなお悩みを解決します。

ぜひ最後までご覧ください(^_^)/

 

足場代の相場はいくら?

外壁塗装・屋根塗装の足場代はいくら?足場代無料って本当? (3)

外壁塗装や屋根工事でかかる足場代の相場は1㎡あたりおよそ600円~1,000円です。

 

足場代の費用は、建物の外周がわかればおおよその計算ができます。

 

まずは以下の計算式を使って『足場架面積』を求めます。

足場架面積=(建物の外周(m)+8m)×お住まいの高さ(m)

 

お住まいの高さは1階建てで3.5m、2階建てで6m、3階建てで8.5mが目安です。

そして、足場架面積から足場代を計算します。

足場にかかる費用=足場架面積×平米単価(約600~1,000円)

 

例として、外周が35mの2階建てのお住まいで、平米単価が1,000円の場合、足場にかかる費用は以下の通りです。

(外周35m+8m)×お住まいの高さ6m×平米単価1,000円=258,000円

 

平均的な大きさのお住まいの外壁塗装をする場合は、足場にかかる費用は約20~25万円と考えておきましょう。

「屋根工事と外壁工事はセットがお得!」はコチラ

 

足場代が相場より高くなる4つのケース

外壁塗装・屋根塗装の足場代はいくら?足場代無料って本当? (1)

外壁塗装や屋根工事に使う足場は、お住まい一軒ごとに合わせて組み立てます。

 

その為、建物の形状や立地などにより、費用が平均より高くなるケースがあります。

 

ここからは、足場代が相場より高くなるケース4つをご紹介します。

見積もりの足場代が高い場合は、いずれかのケースに当てはまるか確認してみてください。

 

なお、当てはまるにも関わらず足場代が安い場合は、後になってから追加費用がかかる可能性があります。

その場合は「うちはこうですが、追加費用はかかりませんか」と確認しておくことでトラブルを避けることができます。

 

ケース①3階建て以上の場合

戸建て住宅は2階建てが多いですが、3階建て以上のお宅もあります。

3階建て以上の場合は足場代が200~300円/㎡ほど高くなる可能性があります。

 

高さがある分、パイプの組み方などを通常のものより強固なものにしなければならず、それだけ資材や手間がかかるからです。

2階建てと同じ状態でただ上に伸ばすわけではありません。

安全な足場にする為に必要な費用ですので、3階建て以上の場合は足場代がプラスされると考えておきましょう。

 

ケース②敷地内で足場を組みにくい場合

お住まいの立地条件によっても足場代が高くなるケースがあります。

例えば隣の家との間隔が狭い場合や、切り立った高い場所にお住まいが立っている場合などです。

足場の資材の運搬や組み立てが困難で、時間や手間がかかる為、追加の人件費として一軒5,000~数万円プラスされる可能性があります。

 

ケース③屋根が急勾配の場合

屋根塗装や葺き替え工事などの屋根工事を行う場合、屋根の傾斜が急だと屋根の上に足場を組むので、その分の費用が追加されます。

この屋根足場の費用相場は900~1,100円/㎡です。

勾配が5~6寸以上の傾斜の場合、安全の為に屋根足場をかける場合が多いです。

 

ケース④道路使用許可や占有許可が必要な場合

足場と道路の関係により、追加で費用がかかるケースが2つあります。

足場を組む際と解体する際にトラックが道を塞いでしまう場合の”道路使用許可”。

足場そのものが道路をはみ出してしまう場合の”道路占有許可”です。

 

道路使用許可にかかる費用は申請手数料に2,700円。※地域によって多少異なります。

また、ガードマンが必要な場合、人件費に1日あたり1,5000円~。

申請を行う業者の人件費・手数料に10,000円~かかります。

 

道路占有許可にかかる費用は占有料×面積(㎡)×期間(月)で、占有料は都道府県によって異なります。

また、申請を行う業者の人件費・手数料に10,000円~かかります。

 

道路占有許可の場合はガードマンを付ける必要はありませんが、安全の為に看板やカラーコーンを設置する場合があります。

 

足場代が無料って本当?

外壁塗装・屋根塗装の足場代はいくら?足場代無料って本当? (4)

「今ならキャンペーンで足場代が無料ですよ。」

「この地域の方限定で足場代をサービスしています。」という営業トークに騙されないでください!

 

足場は外壁塗装や屋根工事には欠かすことができない重要なもので、資材も人件費もかかります。

その費用を簡単に無料にしたり安くすることはできません。

 

足場代無料のカラクリは、その分の費用を他の項目に上乗せしているからです。

どうせ分からないだろうと、塗料代や諸費用を水増ししています。

 

また、足場代を安くしている場合は安全性の低い足場を使われる可能性があります。

安全性が低い足場だと落下事故の可能性や、質の低い工事になる恐れがあります。

 

安定した足場があることで、職人が丁寧な作業をすることができるのです。

ビケ足場(くさび式足場)なら安心ですが、単管足場の場合は断った方が無難です。

 

広島県の外壁塗装、屋根工事はK’S CREATEへ!

K’S CREATEでは広島市を中心に、これまで2,000棟以上の施工実績があります。

培ってきた経験や知識を活かし、お客さまにご安心いただけるプランを提案いたします。

 

まずは無料調査・無料お見積りをご依頼ください。

お住まいの状態に合わせたお見積書を作成します。

お見積り後のキャンセルももちろんOKですので、お気軽にどうぞ(^_^)/

お問合せはコチラ

 

広島市の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り修理、雨どいや漆喰補修なら、塗装工事専門のK’S CREATE|広島市、三次市、福山市、廿日市市、安芸高田市他、広島県全域対応

 

−N−

 


広島県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
株式会社K'S CREATE
https://hiroshima-roof.com/
住所:広島県広島市安佐北区落合南5丁目1314-7

お問い合わせ窓口:050-7587-6082
(9:00~18:00 土日祝も対応!)

対応エリア:広島県広島市、他広島県全域

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hiroshima-roof.com/case/
お客様の声 https://hiroshima-roof.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hiroshima-roof.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hiroshima-roof.com/contact/


   

広島県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

広島県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics