見積もりの付帯部とは?塗装は必要?

2022年11月13日更新

外壁塗装の見積書に「付帯部塗装」「付帯部一式」と記載されていることがあります。

外壁塗装では付帯部も一緒に塗装することがほとんどです。

 

付帯部とは一体どこなのでしょう。

塗装は必要なのでしょうか。

 

この記事では、付帯部とはどこか、塗装の必要性などを詳しくご案内します!

 

付帯部とは?

見積もりの付帯部とは?塗装は必要? (1)

「そもそも付帯部とは何なのか、どこのことを言っているのかわからない」という方は少なくないでしょう。

 

付帯部とは、建物の屋根・外壁以外のパーツのことを指します。

具体的にいうと、以下のような場所があります。

・雨樋

・軒天

・水切り

・幕板

・庇

・換気フード

・雨戸

・シャッターボックス

・破風板

・鼻隠し

・ポスト

・玄関ドア など

 

なお、お住まいによっては水切りや雨戸、幕板などがない場合もあります。

 

付帯部は塗装が必要?塗装すべき理由とは

お住まいのメンテナンスは屋根や外壁ばかりに焦点が行きがちですが、付帯部も塗装が必要です。

塗装が必要な理由について解説します。

 

塗装が必要な理由①付帯部を長持ちさせる為

屋根や外壁と同じように付帯部も毎日紫外線や雨風に当たって劣化し続けています。

付帯部の素材は木製、鉄製、塩化ビニール製など様々です。

どれも紫外線や雨風により傷んでしまい、最終的に割れたり穴が空いてしまいます。

 

塗料には雨風や紫外線から部材を守る耐候性や、汚れから守る耐汚染性、サビの発生を防ぐ防錆性など、塗料製品によって様々な機能を持っています。

塗料で付帯部を塗装することにより、部材の寿命を延ばし、美しく保護することができます。

 

「破損したら交換すればいい」と思っていると、高額な費用がかかります。

傷んだ部材を外して、新しい部材を取り付けるだけでも費用は高くなりますが、構造や劣化状況によっては周りの部材も工事をしなければならないケースもあります。

塗装工事の方が安価ですみ、長持ちさせることができます。

 

塗装が必要な理由②美観の為

屋根塗装や外壁塗装をして屋根と外壁だけ綺麗になっても、付帯部がボロボロのままだとどうしても目立ってしまいます。

せっかく塗装工事をしたのに、傷んだ場所が目立っているせいで「古い家」と見えるかもしれません。

その為、外壁塗装をする時は付帯部も一緒に塗装を依頼される方がほとんどです。

 

塗装すべき付帯部はどこ?

見積もりの付帯部とは?塗装は必要? (2)

ここからは特に塗装することが多い付帯部をご紹介します。

 

・雨樋

雨樋は屋根に降った雨水を集め、地面や下水へ導く役割をしている設備です。

雨樋はお住まいに長く取り付けられていて、外からもよく見えるので傷んでいると目立ってしまいます。

お住まいの美観を保つ為、外壁塗装をする際のほとんどのお住まいで雨樋も塗装しています。

 

・軒天

軒天は軒の下から上を見た時に目に入る天井のことを言います。

普段あまり目につかない部分なので、美観よりも劣化を防ぐ為を目的として塗装することが多いです。

軒天は直射日光が当たらず、雨水や湿気が溜まりやすい場所なので、劣化が進行するとカビやコケが繁殖します。

塗膜が剥がれていたり、留めている釘が錆びている場合もあるので、塗装メンテナンスが必要です。

 

・破風板、鼻隠し

破風板と鼻隠しは屋根のすぐ下にある板をいい、山型の板が破風板、雨樋が付いている部分が鼻隠しです。

屋根の先端を守る役割をしており、雨や紫外線で傷みやすい部分です。

破風板にコーキングが施されている場合は、コーキングの劣化も併せてチェックしましょう。

コーキングの肉痩せやひび割れが起きていると隙間から雨水が侵入する恐れがあります。

塗装工事ではコーキング工事も行います。

 

・雨戸

窓の外に取り付けられている雨戸は、雨風を守る為や防犯の為にあります。

雨戸は金属でできているので、劣化が進行すると汚れや錆びが目立ってしまいます。

交換工事だと費用が高くなるので、塗装をして長持ちさせましょう。

 

付帯部塗装の費用相場は?

見積もりの付帯部とは?塗装は必要? (3)

付帯部にかかる費用は施工費+塗料代が、高所での作業には足場代もかかります。

 

 

以下はあくまで相場です。

劣化の進行具合によっては実際の費用と異なる場合があります。

 

◆施工費の費用相場

付帯部の場所 費用相場
雨樋 約800~1,200円/m
破風板・鼻隠し 約600~1,300円/㎡
雨戸 約2,000~5,000円/枚
幕板 約850~1,400円/㎡

 

◆塗料の費用相場

塗料名 費用相場(1缶あたり)
シリコン塗料 約1,5000~40,000円
フッ素塗料 約40,000~100,000円
無機塗料 約50,000~120,000円

塗料についてはこちらのページで詳しく解説しています。

 

広島県の塗装工事はK’S CREATEへ!

傷んでいる場所は塗装した方がいい、と言っても、劣化状況はお住まいによって異なりますのでどこを塗装すべきか判断は難しいですよね。

K’S CREATEでは無料でお住まいの劣化状況を点検します。

塗装が必要な場所、必要ない場所、まだ必要ないが近い内に必要になる場所などを詳しくご案内します。

無料ですのでお気軽にご利用ください(^_^)/

お問合せはコチラ

 

広島市の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り修理、雨どいや漆喰補修なら、塗装工事専門のK’S CREATE|広島市、三次市、福山市、廿日市市、安芸高田市他、広島県全域対応

 

−N−


広島県の屋根工事、塗装工事・防水工事専門店
株式会社K'S CREATE
https://hiroshima-roof.com/
住所:広島県広島市安佐北区落合南5丁目1314-7

お問い合わせ窓口:050-7587-6082
(9:00~18:00 土日祝も対応!)

対応エリア:広島県広島市、他広島県全域

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hiroshima-roof.com/case/
お客様の声 https://hiroshima-roof.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hiroshima-roof.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hiroshima-roof.com/contact/


   

広島県のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

   

広島県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics